にこやかなメガネを書けた男性

費用を知る

デザインを決めましょう

今はご自分がデザインしたオリジナルTシャツを作ってくれる業者さんが 増えて大変便利になりました。 以前はオリジナルTシャツとなると、印刷会社さんに頼まないと出来ない ものでした。 自分だけのデザインで作る場合、手描きのデザインでも勿論いいのですが、 出来ればDTP用のソフトを用いてご自分で作成されるのが一番早くて安く 仕上がります。 その際は、Adobe(アドビ)から出ているイラストレーターなど、イラスト 用のソフトを使うのが最適です。 しかし、そう言ったソフトを使った事がない、使い方が分からないと言った 場合は、オリジナルTシャツを作ってくれる業者さんに手描きで描いたデザイン 画を直接持ち込み、こんな感じで・・と伝える事が必要になります。 この場合、出来上がりが自分のイメージした物と異なるケースがありますので、 必ずサンプルを出してもらい、確認する事をお勧めします。

費用は多めに見積もりましょう

いざオリジナルTシャツを作ろうとなった場合、作成する枚数にもよりますが、 多く作る分割引率も大きくなります。 勿論1枚だけでも可能です。 また、案外見落としがちなのが、デザインに使用する色です。 印刷はCMYKの4色の組み合わせで色を表現しますので、大概の色は再現出来ます が、中には金、銀、蛍光色など、特殊な色を使う場合は注意が必要です。 その際は料金が高くなると思ってください。 これらの色は「特色」と呼ばれ、その色を再現する為だけのインクを使います。 ですので割高になります。 また、カラフルで色んな色が混ざっているデザインも4色のインクを全て使う ので、やはり高くなります。 また、背中側にも印刷するならその分もかかります。 一番安く済ませるには、生地の安いシャツと、単色と言って一色しか使わず 印刷も前面だけの場合です。 もしそれほど色に凝らないのであれば、単色と安い生地で作る事をお勧めします。